いつも笑顔で♪

いつも笑顔で♪

スピードは関係ない!振り返られる走りを目指す♪

2019 ツール・ド・あいち GF岐阜 飛騨金山

10月6日(日) 晴れ (16〜30℃?)

 

今日は、これで最後にしようと思いながら 今期2回目 アイサイのGF岐阜に参加!!もちろん、走るならロングコースを。

f:id:inagon175:20191007103252j:image

7:00 受付〜、7:30 開会式〜、 8:00 スタート〜、集合場所は、関市のほほえみの湯。

 

今日のルートはこんな感じ〜(125.2km、2,120m up)

↓ ↓ ↓

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=10fddf94e1d2f42dac433f973f3b7a01

 

4時起床、のその前の 夜中に左ふくらはぎが攣って イテテ〜で目が醒める(苦笑)で まだ眠くてしょうがなかったので、攣りが治ってからまた寝た。

 

朝食は、いつものヨーグルトに トイレ休憩を減らす為に白湯。その後 攣りが心配だったので、今年は沢山お世話になっているこれ。。

f:id:inagon175:20191007104749j:image

今日も 日中は30℃くらいまで上がるらしい。熱中症の心配もあるし、早めに対処。

 

お願いだから 去年のGF雨沢戸越の様な足攣り祭りにならないでね〜と願って(笑)

 

5時半にトランポで出発。往きは車のナビに従い 名神から中央道、土岐JCTからは東海環状を使って富加関ICで降りて下道で。

 

前3台くらいが名古屋ナンバー。もしかしてみんな行き先は同じか?と思ったら 一緒だった(笑)渋滞無しで6時半過ぎには ほほえみの湯に到着したが、急遽 駐車場が変わったらしく 前の車について行ってくださいと指示がありみんなで移動。

 

63号から ほほえみの湯に向かう上り坂がかなりの勾配で、たぶん疲労困憊の状態で ゴール直前にこの激坂は上りたくないーって思ってたので、駐車場が変わってくれて内心嬉しかった!!(笑)本当に良かったwww

 

6:45 無事 新しく設定された駐車場に到着。ルート上にあるので 走る上では全く問題なし。ほほえみの湯への上りが無くなったくらい(爆)

 

周りを見渡すが 知り合いがまだいない。。誰が来るかも分からないんだけど。

 

とりあえず受付を済ませて M宮さんなどスタッフの方にご挨拶。それから準備してると コミーさんやルミちゃんも続々と到着。

 

知り合いがいると ホッとする。

 

コミーさんから ケーキやカエルちゃんのお礼にとプレゼントを頂く♪ そんな私も 昨日焼いたお芋ケーキを持ってきてたので 物々交換(笑)

 

頂いたプレゼントは、ゴール後のお楽しみにして 開封は我慢したw 嬉しかったな〜 ありがとうございました。でも どちらも好きで作ってるので お気遣いなく。

 

今日は目標などは全く設定せず、ただ 無事完走!!くらい。

 

そして コースを楽しみながら走れたらな〜な感じで、止まりたい所では写真も撮りたいし 補給もいつもの様に走りながらじゃなくて 落ち着いて立ち止まって食べるw 

 

だから 今回準備した補給食は、羊羹2ことバーを1本。あとは コンビニ休憩でその時に食べたいものを買えばいっかって。

 

羊羹は 食べるだけなら走りながらでも食べれるけど、食べた後のゴミがネチャネチャして そのまま背中のポッケに入れるのはどうしても嫌なので、

 

ゴミ袋用に忍ばせてるビニール袋に入れてたいから 止まらないと私にはムリ(笑)

 

あと トイレ休憩としっかり補給は、ルート上の80キロ弱のところで1回の予定。

 

そして、今日のルートプロフィールを確認すると スタートからすぐに緩やかだけど上り基調。この時点で 初めから無理してはいけない、と大人な判断(笑)

 

なので、いつもスタート時は先頭集団に紛れて 行けるところまで行って見事に散っていくパターンだが、今日は 大人な走りに徹する!ってことも いつもと違うところかなwww

 

今日は 急遽駐車場の移動もあり、開会式が時間より押して始まりそうなので その前に2回目のトイレを済ませておき 開会式へ参加。

f:id:inagon175:20191007111959j:image

思った程 沢山の参加じゃ無かった様な。それにしても、現地は寒かった。。16℃くらいだったと思う。

 

ルート、注意事項などの説明が終わると いつもの記念撮影〜

f:id:inagon175:20191008144508j:image

(M宮さんより頂きました!)

 

スタート地点に徐々に移動していくのが見えたので、私も早めに移動。でも 先頭から若干下がった位置へw 近くにはHさん。

 

予定通り 8時にはスタート〜 流れ的に Hさんのツキ位置を陣取り走り出す。

 

あっという間に 何人くらいのパックか分からないけど、先頭集団は行ってしまい 私は第2集団の4番手にいるw 

 

先頭集団について行く時より楽に感じたので、本格的な上りに入るまでは 出来るだけ長くこの中にいたいな〜と思いながら走っていた。

 

私の後ろは確認していないが、中切れを起こしそうになったら 早めにサインを出そうということだけは意識して。

 

走り出し 思った以上に好調な感じだったが、徐々に疲れが出て来た。ふと後方を確認すると 誰もいない。。てっきりみんな連なってると思って走ってたよ〜。思わず、『後ろ誰もいな〜い』って大きな独り言w

 

スタートしてから上ってる感覚が無く(上ってると言っても 平坦にちょっと毛が生えたくらいだから

か?w) ただ自分が疲れて来たんだ。。と思ってた。

 

でも念の為 Hさんに『今上ってます?』と聞くと、『上ってますよ〜(←当たり前だよ、って含みがある感じw)』って返ってきた(笑)

 

そうだったの?w ルートを確認して上り基調なはずなのに、走ってるとそこまで感じなかったので不思議だった。

 

でも Hさんに確認して、今 上ってるんだ!と改めて思ったら 急激にしんどくなってきて、まもなく千切れてしまった(苦笑)

 

切れる時に、『(つかせて貰って)ありがとうございました〜』とは一応言えた。この時点で まだ3.4キロだったと思う(汗)この先、もちろんHさんの姿を見ることは無かった。。

 

切れたあとは 完全に垂れていた。しばらくして後ろの気配を感じるなと思ったら I木さんが牽く第3集団がやってきた。

 

これに乗りたい!と思って なんとか乗れたんだけど、つき位置でもしんどくなってきて まもなく切れる(泣)

 

私が切れたタイミングでは、他の人もチリチリになりかけていた。しばらくは チリチリになった人達が行くのも見えていたけど、私もかなりペースダウンしてしまったので そのうち見えなくなっちゃった。

 

ここからが、本当に長〜い単独走の始まり。まだ 残り120キロ。。(泣)

 

一つ目の峠に入る分岐から 本格的な上り入ると更に何人かにどんどん抜かれる。でも そんなの気にしない。私の敵は 目の前の峠!!途中で挫けず 8つの峠を制覇しなくては。

 

ただ今日は、単独になったからといって 垂ら垂らと走るのは嫌だったので、遅いなりにもマイペースで淡々と走ることを心掛ける。

 

本当に遅くて嫌になるけど、上らないとゴール出来ないので頑張るw

 

そのうち私よりもだいぶ後方からスタートしたるみちゃんが追いついてきた。てっぺんのちょっと手前辺りだったので、少しの時間だったけど お喋りしながら。こういうの 元気になれるw

 

上りきるとトンネル。トンネルを抜けると るみちゃんはちょっと立ち止まる(写真撮影?)と言うので、ここでるみちゃんとはサヨウナラ〜。

 

その先は久しぶりの下り。上ってきた疲れから ちょっと復活出来たかな?

 

でも 次のトンネル回避の脇道の下りが 凄い悪路だった。私が今まで通ってきた中で、一番の!!

 

細い木陰の道だな〜 慎重に行こう!と思って下り始めるが、明るかったり暗かったりで 目がチカチカして路面の確認が難しい。

 

だから超のろのろで下っていたが すぐに道路脇でパンク者を発見。その後も バイクを逆さまにして ポンプをシュポシュポしてる光景を何度見たことか。

 

それに とんがった大きめの落石も多いし、穴ポコも結構ある。初めは避けながら下っていたが 序盤で石をタイヤで弾き飛ばした瞬間バランスを崩しかけたのを立て直してからは、ここで落車は絶対嫌だったし パンクももちろん嫌。無理せず バイクから降りて押し歩きすることに。(8:49)

f:id:inagon175:20191007121747j:image

↑この場所は悪路でも全然マシな方。思いつきで撮ったからw 下りでも結構勾配があったので さらに怖い感じがしたな。

 

路面がマシになったと思ったら再度乗ったりしたけど、その後しばらくは悪路が続き また押し歩き。本当に神経をすり減らすような 疲れる下りだった。

 

右を見れば 滝への入り口があったようだけど、景色を楽しむと言いながら 立ち寄ってる暇はやっぱり無い!と思ってスルー(笑)

 

でも そのうち目の前に綺麗に舗装された道が見えた瞬間はホッとして、何がある訳でも無かったけどこんな場所で1枚(笑)(8:53)

f:id:inagon175:20191007121714j:image

この写真を撮ってると、パンクですか?と聞かれるくらい、パンク者続出区間だった。私もスローパンクなどしてないか心配になって 前後輪を触って確認した程。

 

この時 お友達のGっちゃんが通りかかった。参加してるの知らなかったよ〜って、会えたのが嬉しくて お喋りしながら少しの間一緒に走れた。

 

スタートギリギリに到着したらしく、なので お互い気が付かなかったみたい。お芋ケーキを渡したかったのに残念。。なんて話をしながら。

 

Gっちゃんはノーマルを行くらしいので、まもなくロングとノーマルの分岐が来て、Gっちゃんとはサヨウナラ〜。気をつけてね!とお互い声を掛けて。ここでも元気を貰った。

 

この分岐の信号待ちでは 後ろに何人かいたのに、地元の人だったのか?ノーマルの人か分からないけど 気がついたら私の後ろには誰もいなかった。

 

ロングを走る人は、私より走力がある人が多いのでこの時点では私より前を走ってるに違いない(←トラブルや迷子じゃなければ)。一気に人の気配が感じられなくて寂しくなった。

 

でも私はロングを行くので ルート通りに先を目指して走る。ブリーフィングで Hさんが歩道橋を渡ってください、と言ってたのが頭にあって トンネル手前に大きな歩道橋を見つけ 右折する時にこれを渡るのか?と思って、歩道橋を押し歩き。

 

上ってると 後ろからお一人見つけた!その方は、普通に車道を右折して行った。別に歩道橋をわざわざ使わなくても 車両が前からと後ろから来てなければ、確かに 横断しても良い道だったな〜と無駄に時間をロスしたことをちょっと後悔(泣)

 

歩道橋を渡り終えて走ってると 後ろに人の気配。『やっと追いついたー!!』ってY沢さんだった。

 

パンク者続出区間の中にいたYさわさん。私が通りがかった時には パンク修理も終わりがけだったと言っていたが、その後もう一方もパンクしてるのが分かって 結局前後輪ともパンクでそのまま修理してたとか。

 

そんな感じで一言三言交わして、後ろにはついていけずそのまま見送る。

 

新たに 次の分岐へ差し掛かる。でも今日はGPSの調子が悪いのか?ガーミンの地図と実際走ってる位置がちょっとずれていて オフコースになることすでに数回。

 

どこを曲がるの?と不安なまま走ってしまい、結局 分岐を行き過ぎて おかしいと思い、すぐに引き返して 橋を渡ると正解だった。その橋を渡る時に川が綺麗だったので1枚(9:09)

f:id:inagon175:20191007125841j:image

この時 私と同じでもっと行き過ぎたと思われる方が 引き返してきた。今日のルートはごちゃごちゃと複雑なのだ。そのまま私をパスして行った。

 

しばらくして、掲示板に載っていた 車両通行止め区間に。この場所に歩行者と自転車は通れる歩道橋があり、こちらを押し歩きで行く。

 

ここへ来るまでに綺麗な大きな歩道橋をわざわざ使ったけど、Hさんの説明にあったのは この歩道橋だったんだ!と押し歩きながら確信した。この時 天然な自分に笑えたねw

 

その先は砂利道だったので バイクを担いで。ちょっと前を 先程パスして行った方が担いでるのが見えたので 私も同じ様に。

 

ここを過ぎると本格的な上りに入り、どんどん差が開いて 前も後ろも全く人がいない状況になる。

 

どんな道の感じだったか忘れてしまったけど、斜度は所々キツかった記憶。この上りが序盤で良かったと思った。これが後半だったら、 私 上りきれたんだろうか?って 不安だったもん(汗)

 

ひたすら耐えて てっぺんへ。山ん中を1人ぼっちで寂しい気分になる中、長く感じたし キツかった。。その峠が2つ目の峠、火打峠(9:39)

f:id:inagon175:20191007130648j:image

ハアハア上り切って せっかくだからと周りを見渡すと、上り切るちょっと手前にこの石碑。峠の名前がかかれている立派な石碑があったんだ〜 上ってる最中は気がつかなかったw で ちょっと戻ってパチリした。

 

この後の下りも覚えていない。。ここも あまり綺麗な道では無かったんだっけ??

 

下りきると またすぐに上りの始まり。。嫌なのを通り過ぎて、呆れて笑えてきた(笑)

 

どこの峠を上ってる最中だったか忘れたけど、急ではない勾配の川沿いでパチリ(10:04)

f:id:inagon175:20191007131620j:image

とにかく この辺りは走ってて気持ち良い道だった。日陰は涼しいし、上って汗かいても 下ってる最中にはさらっと乾いて良い感じ。

 

3つ目の峠 松坂峠を通過し〜下るとまたすぐに4つ目の峠へw この時、上ってる最中 急にお腹が減って来て 上り切った所で今日1回目の補給を(10:27)

f:id:inagon175:20191007131957j:image

そろそろ涼しいからと チョコレートバーを持って来たけど、背中に入れてたのが間違い。チョコが溶けてて、1本全て食べるつもりは無かったのに むりむり1本口の中に押し込んだ(笑)

 

食べ終わった袋はネチョネチョなので もちろん持参してきたビニール袋に入れたw

 

この峠が 3つ目の峠 間違っていなければ桜峠?

f:id:inagon175:20191007132334j:image

上って来たのは下呂市、この先から白川町。

 

確かこの下りは気持ち良かったと思う?中央線はところどころ無いけど 比較的広かった記憶。(記憶は曖昧w)

 

クネクネな感じに慣れて来た頃、左カーブで対向からバイクが。私も左インベタでは無かったし、バイク中央寄りだったので もう少しでぶつかりそうになり、ちょっとヒヤッとした。

 

でもスピードもコントロール出来ていたので 焦ることなくイン側へ修正出来たけど。滅多に車が通らない道だったので、ちょっと油断していた。いつ来るか分からないので 気を引き締めて 慎重に慎重に。

 

下りきると 東白川村の256号へ合流。ここからは 長くて気持ちの良い下り基調〜 どこまで下るんだ?って感じの道。

 

途中 つちのこ館を横目に見ながらそのままスルー。この頃には お股が痛くて、せっかく気持ち良い下り基調の道なのに 集中してペダルを回し続けれない(泣)たぶん、スキンズが肌に張り付いて 走り始めは気にならなかった縫い目が痛いんだと思う。。

 

でも そんなこと言ってもしょうがないので、お尻を浮かしたり パッドを動かしてみたりしながら騙し騙し走る。

 

そのうち 掲示板で分岐の注意点としてHさんが写真を載せてくれていた場所を通りがかった。いつくるか?と気にしていたが、写真のお陰でそのまんまの光景が目に入って来たので 迷わずルート通りに右折して。

 

この後、7%→9%→7%の上り坂でいや〜な気分になる、とも書かれていた通り、すぐに7%の標識が目に入った(汗)

 

この時点で既に腰も痛くなってたので、腰を伸ばす為に 標識前で立ち止まる。今までの斜度がキツかったので これからの7%は平気だと自分で思っていた。9%も少しなら?とw

 

ストレッチして ちょっと復活。日陰の無い綺麗な広い道をひたすら上っていく。初めの7%はそこまでキツく感じず、次の9%は短かった?途中で お一人見つけて そしてパスする。

 

この時 リズム良く自分の中では良い感じで上れていた。後ろは振り返らないw とにかく淡々とマイペースで。

 

この区間、意外と長く感じた5キロ弱だったと思うが、直登で日向で嫌いな感じの上り坂だった。2度目の7%の上り坂がやたら長く感じたな〜 序盤は良かったのに てっぺんについたらヘロヘロ。

 

その後の下りきったところでも ちょっとミスコースし、すぐに修正して線路沿いへ。

 

41号側へ渡る時の橋、しらはま橋?だったかな??飛騨川に架かってる橋にて(12:09)

f:id:inagon175:20191007141202j:image

天気も良いし 景色もサイコ〜♪

 

お腹が減ってきてたけど 持ってきた補給は甘いものばかり。この時は 甘いものは食べたくなくて。なので我慢して先を急ぎ、まもなく予定していたコンビニへピットイン。(12:20)

 

Y沢さんも休憩していた。そろそろ出発するところだったので ここでも少しだけ言葉を交わして。

 

トイレ休憩後、この時食べたかったおにぎりとボトル補充にお水を。

f:id:inagon175:20191007141708j:image

シューズも脱いでベンチに座って、ツールドを走るには 私にしては珍しくゆっくり目に休憩を。

 

この後 お2人が休憩の為に立ち寄っていた。そのお2人よりも先に出発して、6つ目の峠 袋坂峠へ。

 

おにぎり食べて ちょっと元気になったし、勾配が緩いので しっかり上った。いつもよりちょっと重めのギヤで淡々と。もうこの辺りから ダラダラ走ることよりも 早くゴールしたくて(笑)

 

この区間でお一人パスしたが、この袋坂峠もてっぺん手前で2回ほど直登があり 2回目の直登で『いつになったら終わるんだよ〜』って急に弱気になって 最後まで辛抱は続かず垂れててっぺんへ(汗)

 

この袋坂峠、長かった。。

 

下ったら 7つ目の峠 間見峠。この峠、どんなんだったか 記憶なしw

 

下ると長閑な道へ入って行った、80号。そして最後の峠へ〜。緩い勾配だし、上ってて苦にならず このまま平和に終わってくれないかな〜と思ってたら、1キロまでは無いと思うが 最後の最後に急坂が。。(泣)

 

もう、押し歩きしたいーって真剣に思ってしまった。でも ここまで足付き無しだったので、ここで着くのはやっぱり悔しい。そこまで激坂でもないし(苦笑)

 

ちょっとだけ辛抱して なんとかてっぺんへ。はぁ。。もう今日の上りはきっとおしまい?と安堵感w

 

ボトルも残りわずかになってるし、お腹もまた減って来てたけど あともう少しのはず?と思ってすぐにこのまま下った。 

 

本当なら 補給がてら一息つきたかったが 先を急ぐことを選択。早くゴールしたかった(終わりたかった)し、今になって 順位を落としたく無い願望もちょっと芽生えていたから(笑)

 

この下りでも、日向と日陰とで目がチカチカして路面の確認がし辛かったし 現に路面も悪かった。苔も生えてたし 所々穴ポコも。のろのろと下る。

 

途中 乳岩を通りがかったので、先を急いでたけど1枚w(13:55)

f:id:inagon175:20191007144235j:image 

この辺りまで来たら この80号も少しだったような。

 

この後、長閑な道から 久し振りに車の往来のある道へ合流。あと少しだからと 立ち止まらず頑張っていたが、お腹が減り過ぎて集中力低下。。

 

このままでは 走る気力も無くなりそうだったので、歩道に入って羊羹を補給(14:14)

f:id:inagon175:20191007144720j:image

あと数キロなのに 持たなかった。今日は珍しくお腹が良く減る。今までは、同じ感じの状況でも 走れてたんだけどな〜。

 

すぐには力にはならないだろうけど、空腹感は満たされたので リスタート。でも 実はボトルもスッカラカンになっていた。

 

水分も同じく我慢していたけど、炭酸がどうしても飲みたくて3キロ先の自販機で結局ストップ(14:27)

f:id:inagon175:20191007145230j:image

もう疲労困憊で、地面に座り込んでグビグビ飲んだ。後方を確認するが この時点では誰も来ていないw

 

小休止を2回も取ったが 順位を落とさずゴール出来るかも?と思っていたら、リスタートして すぐくらいに後ろに人の気配が。

 

もうヘロヘロだったので 前へどうぞ!とサインを出したら、『ローテして行きましょう』と言われる。

 

この人、SP恵那山でも同じセリフ言った人だ!って思い出したけどw 今の状況では ローテ出来ない。。

 

『いいです、前行ってください。。』と答えて前へ行ってもらう。すると、もう1人後ろにいた。

 

お2人でローテしながら走って来たのかな?とその時思った。

 

2人を見送るつもりだったけど、2人目の方が私を拾うつもりで?ペースを落としてくれていた。。つかせて貰うのを正直遠慮してたので(一度は 先に行ってくださいって言った手前)、若干車間を開けていた。

 

その方が 私が付いて来てるかを心配してか?何度も後ろを気にしてくれていたのが分かったので、途中からしっかりつき位置につかせて貰って走らせて貰った。そのお陰で、単独走の時より良いペースで走ることが出来た。

 

私を待ってくれたので 前の方と車間が開いていたが、徐々に牽きがペースアップし とうとう追いついて3人パックで無事ゴール〜(14:41)

f:id:inagon175:20191007150856j:image

今までのツールドのログと比較してみたが、獲得標高が低い割にAv.が低い。走力も下降気味だ。。

f:id:inagon175:20191007150913j:image

 

f:id:inagon175:20191007150923j:image

 

f:id:inagon175:20191007150930j:image

ゴール後サインをするが、前のお2人と距離が違った。10キロ、20キロ、私より多目に走ってたような?(苦笑)

 

途中、何度か道に迷ったんだとか。この時間に後ろから来て私に追いつくなんて、私より速い人に決まってる。

 

ゴールしたらホッとした〜。無事に帰ってこれて良かった!って。今日も長かったな〜単独走区間(泣)

f:id:inagon175:20191007151220j:image

今日は1枚目に名前が書けれなかった、2枚目の1番上へ。

 

今までは、休憩を極力減らして 経過時間を短縮していたけど、それをしないとこんな感じ。

 

いつもの おひとりさまサイクリングみたいにならないのは、やっぱり 心のどこかでツールドに参加してるんだから!ってところかなw

 

今日は楽しむ!って言ったって、結局は自分の中では頑張ってたからw その源は、早く終わらせたい!が大部分を占めてるけど(笑) 

 

牽いて貰った方にお礼を言って(喋ると自分の声がカスカスになっていたw)、ぱぱっとバイクを片付けて。

 

着替えは別の場所でしたかったので、 車を移動する為 ほとんど車が無くなってる駐車場を早々に後にした。

 

着替えた後は、ゴール後のお楽しみにしてた コミーさんからのプレゼントを開封

f:id:inagon175:20191007152907j:image

わ〜可愛い♡ 私のイメージは やっぱり紫なのかなぁ〜evoジャージの(笑)偶然かもしれないけど、黒も入ってて カラーリングも似てる♪

 

大事に使います、本当にありがとうございました!!今日、無事に完走出来たご褒美になりました♪♪

 

走り終えて脚パンだったので、すぐにホエイも補給。予備で持ってきてたお菓子と共に。

f:id:inagon175:20191007153643j:image

出発前、多目に持って来てたさつまいもケーキをクーラーボックスに入れ忘れて ライド終了後は車の中でケーキが熱くなってた(泣)

 

勿体無いけど捨てることにした〜(←5切れも)このうっかりミスだけが ちょっと悔やまれる、小さいことだけど。自分もライド後に 食べるの楽しみにしてたしな〜(笑) 

 

15:42、関市を後にする。帰りは、渋滞が無さそうな 東海環状でせと赤津まで。高速を降りてからは、自転車で走り慣れた道を使って 17時過ぎには無事帰宅。

 

こちらの選択でやっぱり正解!全く渋滞無しだった。

 

帰宅後は、片付けなどをして 今日の第2部 旦那さんの誕生日会をしに居酒屋へ〜

f:id:inagon175:20191007154709j:image

お誕生日おめでとう〜 カンパ〜イ!! 夕飯を作らなくて良いので 楽チンだったw ケーキは改めて作るつもり。子供達のテスト週間が終わってからかな〜。

 

アイサイのスタッフの方々、参加された皆さん、今日はお疲れ様でした!!そして ありがとうございました、お世話になりました。

 

ツールドのコースや景色を楽しむ!と思って参加したけど、結局 そこそこ頑張ってしまうのが ツールドなんだな〜って思った(笑)

 

序盤の下りが悪路だった以外は、比較的走り易くて 景色の良いルートで、のんびり誰かと一緒にサイクリングしたら楽しいだろうな〜って思うコースでした。ツールドだと、やっぱりしんどかったですが。。

 

今日のGFで、今年のアイサイの参加はおしまい。来年も出ないかも? そうなると 今日が最後の参加になると思って走った。

 

顔なじみになった方には そのことを少し喋ったけど、ツールドに参加しないと たぶんこれからは会えない人がほとんど。

 

偶然外を走ってて会うこともあったけど、そんな機会が これからももしあれば(←凄い確率w) ほんと嬉しいだろうな、なんて思う。

 

今日もしっかり達成感を味わえて、ツールドを満喫出来て良かったな。これで 卒業で良いかな、と。

 

情報を以前流していた知り合いが 来年は出たい!と言ってくれてることが嬉しい。その時にはスタートだけでもと思ってたけど、やっぱりやめとくw

 

一緒には走れないレベルだから、うちから応援するだけ(笑)その方にも 楽しんで貰いたいな〜。

 

10月の走行距離 : 229.67km

10月の獲得標高 : 2,958m